« 平成29年5/14(日) 村上市内九品仏巡り  15㌔ | トップページ | 平成29年5/28(日) 第24回笹川流れ  30 /17㌔ »

平成29年5/21(日) 瀬波温泉砂丘の道  17㌔

 平成29年5月21日(日)  天候:晴れ  参加人員:71名(男:35、女:36、ゲスト:1)

 リーダー 高橋 誉一郎(No1672)  サブリーダー 沖山 和良(No1676)、逢坂 順子(No1774)

 行程  新潟(7:33発)⇒⇒村上(8:58着)
      村上駅・・・瀬波温泉砂丘の道・・・瀬波温泉駐車場・・・すずきケ池遊歩道
      ・・・道玄池遊歩道・・・諸上寺公園展望台(昼食)・・・岩船漁港・・・お幕場公園
      ・・・大池・・・神林総合運動公園(解散)・・・岩船駅
      岩船駅(15:19発)⇒⇒新潟(16:24着)
 歩行距離 約 19km(表題では17kmとなっていますが、実際のキロ数です)

 村上駅前に集合、点呼を行う。2週連続の村上となった。
 当日は、朝から雲一つない快晴で気温の上昇が予想されていた。点呼時にリーダーから「こまめに水分補給の休憩を取るが、各自でも早めに給水を行うよう」指示がなされた。
 軽い準備体操後、9:10頃、村上駅前を出発した。
 駅を出て直ぐに左折し線路沿いから、JR羽越線の地下道をくぐり笹川流れ方面に向かい、瀬波中町付近で左折した。途中、北限の茶所である村上の茶畑の横を通った。茶畑では、すでに一番茶が摘み終わった跡であった。

1 2_2 3

 9:35頃、県道瀬波温泉線から瀬波温泉砂丘のみちに入った。入った所で水分補給の小休止を取る。砂丘への道は始めは緩やかな上りであったが、木立が高く木漏れ日の中の歩行となり、若干の風があり、すがすがしい歩行となった。
 砂丘の中は、意外と広く道も数本が交差しており、時に迷いそうになるほどであった。リーダー達は道に迷うのを避けるために下見時に目印を付けておいたため、迷うことなくスムーズな歩行ができた。

4 5 6

7 10:05頃、途中の東屋で水分補給の小休止を取り、10:25頃、瀬波温泉砂丘のみちを抜け瀬波温泉駐車場に向かった。
 瀬波温泉砂丘のみちは、中部北陸自然遊歩道の中にあり、コースガイドによれば、松林や森林に囲まれた道を自然にふれながら歩くコースで、所々の高台から望む日本海や粟島、村上市街地、遠くに見える朝日連峰などが見どころです。

 10:30頃、瀬波温泉駐車場に到着。観光案内所の脇で水分補給とトイレ休憩をとった。
 10:40頃、瀬波温泉駐車を出発、県道を村上駅側に進み、しばらくするとすずきケ池への入り口にさしかかる。入り口は少し急登であったが、直ぐにすずきケ池周遊の遊歩道となり、穏やかな道となった。ここの遊歩道も中部北陸自然遊歩道となっている。

8 9 10

 すずきケ池周辺の遊歩道も木漏れ日の中を歩く快適な歩行となった。周辺にはフジの花やツツジ等が咲き残っていた。
 11:10頃、すずきケ池の堰堤に到着し、水分補給の小休止。

11 12 1314

 すずきケ池の堰堤には、ギンランの花が見られた。
 ギンランは、山の雑木林の木かげなど比較的乾いた場所に生息する高さ15~20cmの多年草
 会員の話のよれば、ギンランのがあればキンランもあるはずとのことだったが、黄色いキンランを見つけることはできなかった。

 11:15頃、すずきケ池を出発し道玄池に向かう。
 すずきケ池から道玄池に至る道のりは、山越えのアップダウンのある道でとなった。
 アップダウンのきつい道であったが、木漏れ日の中を進み、道端にはつつじやワラビが散見され、楽しんだ方もおられたようであった。
 11:55頃、道玄池を出発し、諸上寺公園展望台への最後の急登にさしかかった。

15 16_2 17

 12:10頃、最後の急登を15分ほどで上り終え、諸上寺公園展望台に到着した。
 公園内の展望台は立ち入り禁止となっており、展望台に上がることはできず、周りの桜の木の樹高が高く日本海の大パノラマは望むことはできなかったが、桜の木の下で思い思いに昼食をとった。

18_2 19_2

 12:55頃、諸上寺公園展望台広場で点呼を行い、下山を開始した。
 13:10頃、麓の諸上寺の山門をくぐり、岩船漁港に向かった。途中、鮭が軒下に吊るしてあるのを見て、さすが鮭の町と感じた。
 13:20頃、岩船漁港直売所に到着。水分補給とトイレ休憩をとり、13:25頃、岩船漁港を出発した。

20 21 22

 13:40頃、お幕場いこいの森の遊歩道に入る。この森は樹齢100年を超えるアカマツの天然林で構成される国有林となっている。
 お幕場いこいの森は280ヘクタール(東京ドーム約60個分)ととても広く、園内には10kmの遊歩道が整備されている。今回は途中の大池のところから、岩船駅方面に抜けた。
 14:05頃、大池に到着。水分補給とトイレ休憩をとる。大池には北に帰らないハクチョウが数羽残っていました。(写真のハクチョウは合成です。)
 14:55頃、計画より10分早く、神林総合運動公園に到着(ゴール)し、整理体操後解散となった。

23 24 25

 当日は、朝から快晴となり、全国で気温上昇の予報が出ていた。夕方のニュースでは群馬県の館林で35.7℃の猛暑日を記録し、全国各地で真夏日を記録していた。
 村上地区の最高気温は27.5℃であったが湿度が低く風も適当に吹いたおかげで、さほど暑さを感じないで歩行できた。
 今回のコースは、大半が砂丘や未舗装の遊歩道で足にやさしいコースであった。帰りの岩船駅では参加者から素晴らしいコースであったとの声も上がっていた。
 気温が上昇する中、参加者の体調に気を配りながらリードしてくれたリーダー・サブリーダー・班長・サポーターの皆さんおつかれさまでした。

            (ブログ担当 mu)

« 平成29年5/14(日) 村上市内九品仏巡り  15㌔ | トップページ | 平成29年5/28(日) 第24回笹川流れ  30 /17㌔ »

平成29年 歩行結果」カテゴリの記事