« 平成29年4/23(日) 桜堤と連翹街道  20㌔ | トップページ | 平成29年5/21(日) 瀬波温泉砂丘の道  17㌔ »

平成29年5/14(日) 村上市内九品仏巡り  15㌔

参加人数 72名

九品仏は1760年ごろ建立された仏像で、浄土にある阿弥陀如来の姿で、九つの階級を手の「印」の結び方により上品上生仏より下品下生仏までを表現し、村上城の出入り口に建てられていました。
今回のコースは村上市内の街角に建つ石仏九体を礼拝することで、村上城を中心に栄えた当時を偲ぶ旅でもあります。
爽やかに晴れた村上駅に到着し、今回のリーダー、沖山さんの挨拶、準備体操でスタート。

Img_1075  Img_1077 Img_1083

最初の三体は羽黒町にあり、長楽寺(上品下生仏)、満福寺(上品中生仏)、善沢寺(上品上生仏)と上品仏が隣り合わせに建てられており、寺町と呼ばれていました。

Img_1086  Img_1091 Img_1096

隣接する羽黒神社は石段が急ですが、神社の裏手より市街の眺望がすばらしい場所です。

Img_1101 Img_1106 Img_1111

四仏目は大町の十輪寺(中品下生仏)、五仏目は黒塀の通りを抜け、町屋の庭を鑑賞して塩町安泰寺
(下品上生仏)を拝礼しました。

Img_1116  Img_1117 Img_1121

村上城  標高135m臥牛山、本多忠義が正保年間(1644~1648)ごろ完成し、三層天守櫓、二の丸、三の丸と巨大な石垣で構築された図が残されています。江戸期の火災や明治の取壊しにより建物群は消滅しました。
臥牛山への登頂は緑のアーチの中ゆっくり登り、おいしい昼食をいただきました。

Img_1123  Img_1125  Img_1127
午後、六仏目は庄内町(下品中生仏)、七仏目は上片町(下品下生仏)と巡ります

Img_1130    Img_1136 Img_1138
昼食後は三面川堤内遊歩道を河口に向かい、三面川中州公園を歩きましたが、川風が林の緑の中をゆるやに流れると気温25度を上回る歩行も日陰ではほっとします。

Img_1141  Img_1143  Img_1144
河口近くの瀬波上町に有る八仏目の中品下生仏に拝礼します。最後に、肴町保育園前の地蔵堂にある中品中生仏に拝礼し九品仏の巡礼を完了しました。

250年以上建つ石仏の多くは目鼻立ちがはっきりしなく、丸みを帯びた様子でした。

蛇足ですが、仏は中品下生仏が二体有りますが、中品上生仏はありません。調べても解りませんでした。誰か解ったら教えてください。

こんな楽しい計画をしたリーダーを始め、サブリーダー、班長、サポーターのみなさんご苦労様でした。楽しい時間をありがとうございました。

                                       ブログ担当 Y・T

 

 

 

 

 

« 平成29年4/23(日) 桜堤と連翹街道  20㌔ | トップページ | 平成29年5/21(日) 瀬波温泉砂丘の道  17㌔ »

平成29年 歩行結果」カテゴリの記事