歩行結果 12/9(日) 歩き納め 8㌔

あいにくの大雪となった今年の歩き納めを、当初予定のコースを大幅に縮小(14㎞→8㎞)して開催しました。悪天候にもかかわらず、69名の多数の方が参加され足元が滑るなか無事全員完歩しました。

Photo Photo_2 Photo_4
会長挨拶のあと準備体操。  8:45いよいよ雪中行軍開始。

Photo_5 Photo_6 Photo_7
耐震工事中のやすらぎ堤から八千代橋を渡り、NSTで休憩

Photo_8  Photo_9       水と土の芸術祭参加作品のバンブーハウスと、新潟市のシンボル萬代橋を見て

Photo_10 Photo_13 Photo_14      雪にけぶる朱鷺メッセと展望台  イベント開催中のNEXT21で休憩

Photo_16  Photo_17       老舗商店街の古町を歩き市民芸術文化会館(りゅうとぴあ)に到着お疲れ様でした

寒さと大雪のなか、コースの変更や安全に心配りをされ無事引率されたリーダーの鈴木会長サブリーダーの鳥屋野・大野副会長有難うございました。

新潟歩く会は来年度も楽しく歩く会を計画しておりますので、多数の参加を期待してます。

皆さん良いお年をお迎えください。      ブログ担当(Y)

 

歩行結果 11/11(日) 新津丘陵 17㌔

 11月11日。前日の雨も上がり、絶好の歩行日和になりました。朝8時半過ぎ、新津駅前に、たぶん今年で一番多い87人が集合しました。新聞等で知ったゲストが9人も含まれています。リーダーは渋谷健治さん。サブは鈴木智さんと横堀正勝さんです。

Photo 009 006

新津駅前で体操。紅葉の幸清水付近の坂を秋葉公園へと向かいました。

017 028 019

 秋葉湖を過ぎて、いよいよ「木漏れ陽の遊歩道」へ。途中ナメコを付けたクヌギの木をみつけました。残念ながら誰かがとったあとでした。黄色いカエデがきれいでした。

023

 パノラマ展望台から五泉市方面の眺めです。ススキの間から遠く街並みが見えます。

032 039 036

遊歩道は、山あり谷ありで、けっこう難コースでした。平成6年に開通したそうで、防護柵の杭もところどころ腐ったり折れたりして、つかまるとかえって危険な場所もありました。竹林の間を抜けて午後1時過ぎに、やっと昼食地点の県立植物園に。思い思いにベンチに座って食事をしました。「弥生の赤の丘展示館」(中)は歩く会に占拠された感じでした。

047

 古津八幡山遺跡には、いくつも竪穴式住居が復元されていました。弥生式土器時代の住居ですから、住み心地がいいかどうかはご想像に任せましょう。とにかく入って確かめようという好奇心の強い方もみかけました。午後3時、解散地点の古津駅に到着。タフなコースにしてはけが人もなく、歩行を終えることができました。「秋を満喫できた」「久しぶりにアップダウンを楽しんだ」「気持ちのいいコースだった」などという声も聞かれ、みなさん満足して帰路につきました。担当役員のみなさん、ご苦労様でした。(K.S)

 

歩行結果 10/28(日) 三面川と武家屋敷 15㌔

天候は、午前cloud午後はあいにくの秋雨rainの中、村上市の”鮭の文化””城下町”を愉しみながらの歩行でした。
 
                           参加者 78名

01 02 04_3
天候を気にしながらマズは体操から~さあー出発!!出発GOGO!!!

05  06
鮭ふ化場の直売所           三面川での鮭漁準備
 
 獲れたて”新鮮”安い”かと品定め?

07
 漁獲風景⇒居繰網漁   残念ながら強風の為、途中で中止pout

08_9 09_3 10_2
   鮭公園内   イヨボヤ会館にてWC・休憩  そろそろ雨の心配?

12   13_4
             淨念寺の山門&境内

15_3 16_3 17_3
        藤基神社へ    雨を避けて クリエート村上での昼食

19_2
20_3 22_2
 まいづる公園内{旧藤井家・崇岡家・岩間家}  干し柿がおいしそー

23
    茅葺屋根・秋の風情を感じますネ~禄高450石の武家屋敷

19 25 27
    ”喜っ川”にて鮭・町屋の説明⇒母ちゃんに聞かせたい話?

28_3
              ”圧巻”感激”凄い”
       昨年の暮れに吊るした鮭~~~~~~酒びたしに変化


今年も、あと残すところトレーニングも含め4回となりました。

 精勤賞を目指してラストスパートを!!!!

  【ブログ担当 K・T】

26

歩行結果 10/14(日) 国上・五合庵 17㌔

さわやかな秋晴れの中、良寛さまのゆかり地、五合庵・国上寺の弥彦路を歩きました。 (参加者は67名, リーダー鳥屋野恒子、サブリーダー田中幸子・黒澤芳子)

Kugami1 Kugami2 Kugami3_3
越後分水駅に集合して、点呼・体操をして出発しました。  遠くに弥彦山を見ながら分水の桜並木を歩く。
 
Kugami4_9 Kugami8_2 Kugami9
石港公園で休憩                                 国上寺への急な坂道を登る。

Kugami10_4 Kugami11 Kugami12
本覚院を参拝し、良寛さまの五合庵に到着する。

            Kugami16_3 大銀杏のパワースポットでパワーを貰う。

Kugami18 Kugami17 Kugami20
国上寺を参拝し、六角堂見学する。

Kugami21_4 Kugami22 Kugami23
ぼけ封じのお地蔵さまお参りして、朝日山展望台で紅葉の始まった景色を眺めながら楽しい昼食をした。

Kugami24 Kugami25 Kugami26
昼食後千眼堂吊り橋を渡り、紅葉の始まった景色を眺める。

Kugami27_2 Kugami28 Kugami29
朝日山公園を後にして、杉林の坂道を下り麓を目指して歩いた。

           Kugami30          Kugami31 
 途中旧武石家の屋敷で休憩。

           Kugami32          Kugami33 
            無事、弥彦公園に到着、点呼・体操をして解散した。

  今日一日お疲れ様でした。

  リーダー、サブリーダー、班長、サポーターの皆さんお世話になりありがとうございました。

                                                                      ブログ担当(K.O)

Kugami27

Kugami10_3

Kugami10_2

Kugami10

Kugami3_2

Kugami3

歩行結果 10/6(土)長岡市・摂田屋地区~宝徳山稲荷大社 (16㌔)

10月6日(土)快晴 今回の歩行会は、長岡市・摂田屋地区の「おっここ摂田屋市」の見学と

「宝徳山稲荷大社」を訪ねる旅です。

2012_001_3 2012_002_3 2012_003

2012_004 2012_006 2012_007

宮内駅で「駅からハイキング」に参加登録をして、点呼・体操後 さあ出発です。

2012_011 2012_012 機那サフラン酒本舗の鏝絵

道具蔵を極彩色に彩る鏝絵で知られ、謎の左官・河上伊吉が大正末期に完成させた傑作。国の登録有形文化財に指定されています。

2012_013 2012_014 「おっここ摂田屋市」で一休み

2012_015 2012_016 2012_017

2012_018 2012_019 信濃川に架かる「越路橋」を渡り

越路河川公園を目指して、秋晴れの中、心地良く歩いています。

2012_021_2 2012_022 昼食風景です。

2012_023 2012_024 2012_025

2012_027 もみじ園の「イロハカエデ」見頃は 11月10日頃だそうです。

2012_031 2012_032 宝徳山稲荷大社の奥の院です。

2012_034 2012_033 壮大な鳥居と建物、眼に沁みるような、朱色と白のコントラスト・・・感動しました。

2012_036 2012_038 2012_037

2012_039 宝徳山稲荷大社を出発、越後岩塚駅に到着、点呼・体操そして解散。

リーダー 鈴木さん・Sリーダー 渋谷さん・佐々木さん、班長さん、サポーターさんご苦労さまでした。

参加者:会員 74名・ゲスト 4名  合計 78名でした。

                             ブログ担当:M・Y

              ご協力ありがとうございました。

歩行結果 9/29~30(土~日)信州小谷村(塩の道と栂池自然園) 10/6㌔

今年度初の一泊歩行、信州小谷村(塩の道と栂池自然公園)に向けて、新潟駅南口から参加者39名を乗せて、観光バスが朝の7時40分、出発です。

 446      444
 台風17号の接近でお天気が心配でしたが、この日は晴れ 道の駅で腹ごしらえです

450 452 451
スタート開始地でリーダーの歩行説明と挨拶 各班毎の点呼と準備体操の後イザ出発です

454 458 459             塩の道山中歩行の始まり      秋の実り、サルナシの実

    463      468
 小谷村役場を経て坪山で小休止、山道歩行はやはり未だ暑い

   470     472_2
 千国諏訪神社に到着です     諏訪神社前で記念写真

473           475                                          476                                         千国の庄資料館で皆の笑顔    千国番所跡での一服休み

483 485 486
         塩の道に現存する唯一の牛方宿

492 495 498
    百体観音仏像をじっと観察、今日一日の安全歩行に感謝を

      502      503
漸く初日歩行の最終地、栂池高原ホテルのフロントステージに到着です

信州小谷村二日目栂池自然園歩行

507 508 512
栂池高原駅から6人乗りゴンドラリフトから71人乗りロープウェイに乗り継ぎ自然園へ

514_2 515_2 516_2
自然園で記念写真            木道を進みます

518_2 519_2 521_2
 山頂目指して登りが続きます  浮島湿原の前方(白馬岳2932m)の雄姿

523_2 524_2 528_2
展望湿原目指して更に起伏が続きます 銀名水の湧水場で小休止

 529_3 530_3
漸く展望湿原に到着(標高2010m)やはり山頂は素晴らしい、皆さん満足の笑顔です

  531_2        532_2
           山頂を後にして往路を下山します
      

  533_2        534_2
山頂の展望湿原から約80分を掛けモウセン池・浮島湿原・ワタスゲ湿原・風穴・ミズバショウ湿原を経て栂池ヒュッテ記念館へ自然ロープウェイ駅到着は11時丁度でした

 この後、朝の出発宿、栂池高原のホテルで(入浴・昼食)休憩後、予定より早めの帰途に付きました。心配されていた台風の影響も無く、二日間ウォーク日和に恵まれ楽しく、気持ち良く歩く事が出来ました。参加者全員が事故も無く、元気に完歩出来た事が何よりの幸いでした。参加者の日ごろの精進に感謝致します。そして今回の一泊歩行を企画・引率して頂いたリーダー・サブリーダーの役員さんに感謝申し上げます。楽しい思い出、有難う御座いました。

                           pc担当 T・T

歩行結果 9/25(火)信濃川浄水場見学と鳥屋野潟を歩く 16㌔

朝8時10分、関屋駅南口に集合。電車は通学の高校生で満員でした。
体操の後、例のやすらぎ堤を歩きました。
002    004

 新潟浄水場には、珍しく稲のかかった「はさ木」がありました。「歓迎 新潟歩く会」のパネルと、きれいな水が迎えてくれます。
008  010  009_2

011  まず、多目的ホールで講義。一人が一日に使う水道水は、ふろ1杯分で、約30円だそうです。

 浄水場内を見学した後、高さ53m(18階建てビル相当)の高架配水塔に上って、蒲原平野を見渡しました。稲の刈り入れはほぼ終わっていました。約1時間見学の後、曽野木団地~鍋潟新田~長潟と歩き、鳥屋野運動公園で昼食(下の写真)。
    013_2    017    023

 午後1時半、最終目的地の新潟駅南口へ。鳥屋野潟沿いの道を歩いていたら、紫竹小学校の遠足と一緒になりました。1年生から6年生まで一緒になって鳥屋野潟を1周しているところだそうです。じいさん、ばあさんと孫のような取り合わせで歩きました。   

続きを読む "歩行結果 9/25(火)信濃川浄水場見学と鳥屋野潟を歩く 16㌔" »

歩行結果 9/1(土) トレーニング(西海岸清掃参加) 7㌔

  晴れ      参加者数: 61名
 猛暑の中、多数の参加を頂き有難うございました。歩く会は、準備体操終了後、9:30中央区主催の開会式に出席、まもなく清掃活動参加、10:20歩く会は、先にやすらぎ堤へ出発した。猛暑の中、全員無事完歩できました。

Dsc01374 Dsc01375 Dsc01376
西海岸公園にて参加申込み記帳         準備体操後開会式へ

Dsc01377 Dsc01378 Dsc01379
       中央区主催開会式               公園駐車場ごみ拾い

Dsc01380 Dsc01381 Dsc01382
      関屋浜海岸清掃風景           ごみ収集場所

    Dsc01383          Dsc01384
    旧関屋駅裏トイレ休憩        やすらぎ堤 整理体操後解散

            参加の皆様、暑い中お疲れ様でした。まだまだ猛暑
            続くようです。お体には、十分ご注意ねがいます。

            9/25(火)信濃川浄水場見学と鳥屋野潟を歩く
             9/29.30(土・日)信州小谷村(塩の道と栂池自然園)
               9月定例歩行にもご参加願います。
                
                                    <ブログ担当: K・Ⅰ>

歩行結果 6/24(日) 瀬波遊歩道から諸上寺公園へ 15㌔

     すがすがしい初夏の晴天の中、歩行参加者 73名。
     とても気持良く、楽しく、瀬波温泉の遊歩道を歩いてきました。

         2012_075 新潟駅に集合した参加者が村上に向かっていざ出発

2012_076 2012_077 2012_078

2012_080 2012_081 集合場所村上駅前で、点呼・体操

2012_082 2012_083 村上街中歩行、イヨボヤ会館到着

2012_084 2012_085 2012_086

      2012_088              2012_089
      三面川の護岸を日本海に向かって            米国進駐軍上陸地点

2012_092 2012_094 2012_095

         2012_096         2012_097
          日本海を見ながら瀬波温泉に向かっての歩行です

2012_102 2012_104 2012_103
諸上寺公園での昼食です。ここから弥彦山・角田山・佐渡・粟島が見えて、素晴らしい見晴らしでした。

2012_106 2012_107 2012_108

2012_109 2012_110 2012_112

2012_113 2012_115 2012_117
点呼をとって、午後の歩行が始まりました。

 諸上寺・・・岩船神社・・・明神橋・・・岩船の街並・・・岩船駅 (無事に到着・解散)

          L石本さん・SL高橋(貞)さん・黒澤さん

          班長・サポーターの皆さんご苦労様でした。

          海あり、丘あり、松林の道あり、とても好いコースでした。

                                   (ブログ担当 : M・Y )

歩行結果6/21(木)福島潟放水路から福島潟へ 18㌔

 台風4号の影響か雲の多い日でしたが、さわやかな風の中、福島潟放水路から福島潟へ歩くことができ楽しい一日でした。
 新潟発8時5分発の電車で出発し、黒山駅に8時36分に到着しました。
(参加者60名 リーダー平岩ケイ、サブリーダー田中幸子、渋谷健治)

        1_2                 2_2   
黒山駅で平岩リーダーから今日の歩行の説明と鈴木会長の挨拶があり、準備体操して黒山駅を出発した。

3_2 4_2 7_2

新潟東港に引き込み線に沿って歩く

5_2 6_2 8_2 

東北自動車道下で休憩   道路わきにはもう梨、スイカができている

         9_2              11_2 

                        福島潟放水路管理所に到着

12_2 47_2 13_2 

眞水管理係長さんより福島潟放水路について説明をして頂く

        16_2              14_2 

       ゴム引布制起伏堰模型                豊栄潮止堰

17_2 18_2 24_2 

                   福島潟放水路の土手を歩く

         21_2              22_2 

                           新浦橋の川の十字路

27_2 25_2 26_2 

高速道路下で休憩      土手わきのハマナス、アジサイ

28_2 29_2 31_2 
       椋橋に到着                   椋(むくろじ)堰

        33_2         36_2 
    ビュー福島潟が見えてきた               菱風荘に到着

      37_2          38_2 
                               菱風荘で楽しい昼食

                          43_2
                              豊栄博物館を見学する

42_3 44_2 45_3 
                 メタセコイヤ、桜並木を歩き豊栄駅に到着

                            46_2
                     豊栄駅前で整理体操をしてから解散しました。

               今日一日お疲れ様でした。
リーダー、サブリーダー、班長、サポーターの皆様お世話になりありがとうございました。

<ブログ担当 K・O>