平成29年10/15日(日)秋の越後長岡丘陵公園を訪ねる(15キロ)

天候:曇 本日は雨にすこし遭遇しましたが全員完歩致しました。元気溌剌でくる秋を満喫しました。参加人員62名(ゲスト2名含)(男31名,女31)

リ-ダ-:逢坂順子,サブ:高橋誉一郎,サブ:片山光子

行程:新潟駅(7:06①長岡行)□■□■長岡駅大手口(8:23集合・体操)8:25スタ-ト‥‥アオ-レ長岡‥‥平潟神社(WC)‥‥長生橋‥‥大島中央公園(WC)‥‥希望ケ丘南公園‥‥新産公園(WC)‥‥越後長岡公園着(12:45)体操・解散‥‥公園入口14:10発‥‥長岡駅(15:32発)□■□■新潟駅(16:49)

Img_4672_640x480 Img_4673_640x480 Img_4674_640x480

    長岡駅集合        各班長による点呼       アオ-レ長岡を通過

Img_4675_480x640 Img_4677_640x480 Img_4678_640x480

           平潟神社でWCタイム           長生橋を渡る

Img_4679_640x480 Img_4680_640x480 Img_4681_640x480  

         紅葉が始まった大島中央公園

     Img_4682_640x480 Img_4683_480x640_2 Img_4684_640x480_2

        希望ケ丘公園で雨模様になる             新産公園の紅葉

     Img_4687_480x640_2 Img_4688_640x480 Img_4691_640x480_2

             田宮病院前で休息をとる          アクア-レ長岡前を通過

Img_4693_480x640_2 Img_1655_640x480_3 Img_1656_640x480_3
越後丘陵公園の看板             公園内の案内図

Img_1657_640x480_3 Img_1653_640x480_6 Img_1654_640x480_6

Img_1658_640x480_3 Img_1659_640x480_3 Img_1660_640x480_3

Img_1661_640x480_2 Img_1662_640x480_2 Img_1663_640x480_2 Img_1664_640x480_2 Img_1665_640x480_2 Img_1666_640x480_2

Img_1667_640x480_2 Img_1669_640x480_2 Img_1668_640x480_2 

Img_4694_2 コスモス乱舞

  Img_4726_640x480_2 Img_4725_640x480 Img_4724_640x480

最後に本日の歩行をフォロ-されたリ-ダ-,サブリーダ-,班長,サポ-タ-の皆様に深謝致します。

                                            (ブログ担当:S.S)

  

  

平成29年10/8(日) 上原公園・コスモス園  20㌔

天候 晴れ    参加人員54名(男性31名・女性23名)

リーダー 小林 進  サブリーダー 大野 修、 小林 好子

【行程】 越後堀之内駅・・・花と緑と雪の里・・・大平牧場公園・・・三つ峰いこいの森公園(昼食)・・・三叉路・・・上原高原・コスモス園・・・広神野球場公園・・・東中・・・中子橋・・・小出駅

10月なのに半袖の服装で良いほど暑さを感じる日でした。
そんな中、山間の道(広域農道)を歩きました。花と緑と雪の里からは90分位掛けてゆるい上り坂を登り、見晴らしの良い風景にたびたび出会い、自然を満喫し素晴らしい一日でした。

Dsc02393 Dsc02402 Dsc02404

                                               花と緑と雪の里

Dsc02405 Dsc02411 Dsc02412

                           これから、ゆるい上り坂になります

Dsc02413 Dsc02421 Dsc02427

                                            皆さん無口の様です

Dsc02434 Dsc02440 Dsc02441

 坂道を振り返った風景                  大平牧場公園から見た風景

Dsc02449 Dsc02460 Dsc02463

三峰いこいの森公園付近        昼食後少し離れた場所の見晴らしの良い所へ行く

Dsc02475 Dsc02474 Dsc02477 

 あちらこちらから「素晴らしい」との声が上がりました

Dsc02479 Dsc02483 Dsc02484

Dsc02485 Dsc02486 Dsc02487

Dsc02489 Dsc02490 

  眼下に広大なパノラマが展開しました  満足している面々です

Dsc02494 Dsc02497 Dsc02498

  駒ケ岳を見ながら下りです

Dsc02504 Dsc02510 Dsc02511

                                 本日(10月8日)のコスモス

Dsc02187_2 Dsc02198 Dsc02193

                         8月22日のコスモス

Dsc02521 Dsc02526 Dsc02541


越後堀之内駅を9:20頃に出発、小出駅に15:25頃の到着です。本日参加の方は全員完歩しました。
参加者の方々はアスファルト舗装の山道で歩きやすかったと思いますがお疲れさまでした。
本年度入会された方のコメントは「最初は上り坂がきつくイヤ」でしたが「最後は、景色が変化し、きれいだった。参加して良かった。」とのことです。

リーダー、サブリーダー、各班長、サポーターの方々お疲れさまでした。一日を楽しく過ごせたことに感謝いたします。ありがとうございました。

                        <ブログ担当M.T>

 

花と緑と雪の里に植えられた約16万株の芝桜の芝桜は例年5月中旬に見頃を迎え、見渡す限り広がる芝桜の姿は圧巻とのことです。

上原高原の別名「コスモス道路」と呼ばれる1本の道沿いに広がる約4.5ヘクタールの敷地には、何万本ものコスモスが一面に咲き乱れるとのことです。開花予定時期9月上旬~10月中旬。

続きを読む "平成29年10/8(日) 上原公園・コスモス園  20㌔" »

平成29年9/24 ふるさと村  18㌔

平成29年9月24日(日) ふるさと村 (約18km)

天候  :  晴れ  参加人員 60名(男性:32名  女性:28名)
リーダ  :   Y.Kさん    サブリーダー: T.Tさん , H.Mさん 
行程    :  NST裏やすらぎ堤東屋(9時 集合・体操 出発)・・・昭和大橋・・・やすらぎ堤 ガスタンク前(休憩・WC)・・・
        関屋大橋・・・イオン青山店(休憩・WC)・・・黒崎北部公民館(休憩・WC)・・・ふるさと村(昼食・休憩)・・・
                平成大橋下(休憩)・・・・ 平成大橋・・・ケイキン公園(休憩・WC)・・・やすらぎ提…八千代橋横やすらぎ提
               (点呼・体操・解散 15時)                       
 
 お彼岸の秋らしい好天に恵まれた歩行日和、信濃川堤と、廃線となった白山神社前から燕まで運行されていた鉄道跡遊歩道を歩くコースです。
 中間点のふるさと村では昼食を取るとともに、ダリアを中心とした秋の花々が咲き誇る花壇の鑑賞、五泉市民の太鼓演奏などが行われており楽しむことが出来ました。    

 11_3  14_3  17_5

 9月24日は集合場所のNST祭りが開催されている日で、朝の8時過ぎにはすでに多くの方が何かの目的で建屋横に並んで待っておられました。

 時間通りに点呼・リーダーの挨拶・体操を行い出発。

 18_3  19_3  110_3                                 111 112 

  116_2   118   120

 関屋大橋まで信濃川堤を歩き、イオン青山店にて休憩。

  121_3   Dsc07635   123

 歩行者と自転車専用に整備された鉄道跡の遊歩道を歩く。

 124  125  126

 127  129  130

 Dsc07643  Dsc07646  132_2

 ふるさと村では綺麗に咲き乱れている花を愛で、太鼓の演奏などを聞き午後のコースへ出発。

 

     138

     139

 140_3  141  144

      145

 午後はほぼ信濃川沿いに歩き、NST付近は祭りで混雑しているため、八千代橋横をゴールとし、最終点呼・体操で解散。

一定のペースで着実な歩行を進めていただいた、リーダーをはじめお世話を頂いた皆様に感謝いたします。

ここで終わると思われたでしょうが、あまり特徴のないブログの為、もう少しお付き合い願います。

************************************************************************************************

  以下の写真の橋の名称をお答えください。 上流に向かって並べています(多分?)

    ①Photo

    ②Photo_2

    ③Photo_3

    ④Photo_5

    ⑤Photo_4

    ⑥Photo_6

    ⑦3

    ➇126_2

    ⑨3_2

    ⑩Photo_7

 

  橋名は 平成29年6月17日 粟島わっぱ煮ウオーク のブログ最後に記入しています。

    以上  お疲れ様でした。                       B担当 ; 23N

みんなで歩こう!里山歩き2017

9月16日 (土) & 17日 (日) の 1泊歩行   参加者 48名

リーダー : No.1082高橋 富一郎 ◇サブリーダーNo.1703小林 進、No.1714小林 好子

 

9月16日(1日目)⇒大山上池・下池コース 20km & 8km 9時50分順次スタート

≪コース概要≫

江戸時代、幕府天領として造り酒屋が軒を連ねていた酒造のまち大山ラムサール条約登録湿地「上池・下池」ブナ林が美しい高舘山自然休養林龍神様をまつる善寶寺をめぐり歩きました。

(歩行ルートの見どころ⇒ラムサール条約登録湿地・日本の重要湿地500・国のため池100選・森林浴の森100選)

20kmコースのルート

大山イベント広場スタート⇒⇒下池⇒⇒高舘山(9km)⇒⇒加茂トンネル(12km)⇒⇒上池⇒⇒大山イベント広場(昼食)⇒⇒ほとりあ⇒⇒椙尾神社⇒⇒善寶寺(17km)⇒⇒大山コミュニティーセンターゴール(20km)

8kmコースのルート

大山イベント広場スタート⇒⇒上池⇒⇒大山公園(3km)⇒⇒下池⇒⇒ほとりあ⇒⇒大山コミュニティーセンターゴール(8km)

≪歩行記録≫

朝、6時30分新潟駅南口に集合、その後バスに乗車(豊栄、新発田でも乗車)し、一路鶴岡へ。到着と同時にイベント会場で開会式、9時50分地元保育園児の激励太鼓でスタートです。

A1 A2 A3_2

高舘山をめざして進む。途中、加茂港、日本海がみえる。またブナ林木漏れ日が美しい。

A5 B1 B_7

ラムサール条約登録湿地「上池・下池」が当初考えたものより広くきれいハスの開花シーズンは素晴らしい景色が観れるでしょう! 善寶寺境内でおふるまいの「カキ氷」がうまい!!

C D1_3 D

善寶寺(龍神様)で参拝。 ホテルでは大野会長のあいさつ後、懇親会。皆さんと和やかに楽しいひと時を・・・。

E2 Photo G

 

9月17日(2日目)羽黒山修験の道コース  台風による天候不順のため、20kmコースを断念し、全員8kmコースとした。

≪コース概要≫

平将門創建の伝えがある国宝五重塔松尾芭蕉も歩いた2446段の石段と両側に続く樹齢500年の杉並木静寂さ漂う羽黒派古修験道出羽三山神社や手向宿坊街をめぐる歴史の道を歩行しました。

8kmコースのルート

手向地区地域活動センタースタート⇒⇒宿坊街⇒⇒随神門(1km)⇒⇒羽黒山国宝五重塔⇒⇒石段(2446段)⇒⇒出羽三山神社三神合祭殿(3km)⇒⇒旧参道⇒⇒林道⇒⇒手向地区地域活動センターゴール(8km)

≪歩行記録≫

大会地区会長あいさつ後、羽黒太鼓こどもクラブの演奏と羽黒山山伏のほら貝でスタートです。

1a_2 1_2 3

前日いただいたTシャツを着て歩行。オレンジ色の蛍光色なのでとても目立つ!!

4_2 4_3 5_2

庄内名物の玉コンニャクが美味しい!。手向地区の宿坊街は厳かなイメージ.。

8 9 12

ゴール地点では、お弁当 & 庄内風の芋煮汁が・・・・。

15  

このたびの『みんなで歩こう!里山歩き2017』歩行はリーダーさん、サブリーダーさんのおかげで和やかに、楽しく、全員無事に完歩できました。誠にありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

                                                                        (ブログ担当YK)

平成29年9/10(日) 山本山高原ハイキング  17㌔

 天候:晴れ(最高気温:29℃)    参加人員:72名(男:42名、女:30名)
 リーダー:1567 横堀 正勝   サブリーダー:1651 明間 行市、1722 阿部 勲

 【行程】(実時刻)
 新潟駅(7:06発)⇒⇒⇒小千谷駅(8:53着)
 小千谷駅(9:00頃)・・・旭町交差点・・・山本山大橋西詰(9:20頃)・・・第一調整池(9:42頃)・・・
 市民の家(9:55頃~10:05頃)・・・第二調整池(10:10頃)・・・山本山高原(山頂)(10:46頃)
  ・・・ソバ畑(10:50頃~11:00頃)・・・山本山高原山頂展望台(11:05頃~12:10頃)・・・
 市民の家(12:50頃~13:00頃)・・・小千谷発電所(13:10頃)・・・山本山大橋西詰(13:15頃)
 ・・・ヒューマンロード(13:20頃)・・・公園(13:35頃)・・・旭橋(13:48頃)・・・小千谷駅到着(14:05頃)解散
 小千谷駅(14:14発)⇒⇒⇒新潟着(15:55着)

 9月に入り秋からの定例歩行会、山本山ハイキング(歩行距離約17km)が行なわれました。
 当日、新潟を出る時には青空が広がり暑い一日となることが予想されましたが、小千谷駅に到着した時には、薄雲が広がり、前日のギラギラ感が消え絶好のウォーキング日和となりました。
 9月に入り多少気温は下がったものの、まだまだ気温上昇が予想され、高低差のあるコースのため、無理をしないようリーダーからの注意があり、準備体操後、9時00分頃、小千谷駅前を元気に出発しました。

1 2 3

 小千谷駅前の旧国道17号線を左に折れ南下し、旭町交差点で右折し道なりに進むと山本山大橋に出ました。山本山大橋からは、これから進む山本山高原の山頂や信濃川発電所(小千谷発電所)を望むことができます。また、大河信濃川の上流には越後三山(駒ヶ岳、中ノ岳、八海山)を望むことができるのですが、残念ながら当日は霞んで良く見えませんでした。

4 6 5

Photo_2 また、これから行く山本山の麓にはJR東日本の信濃川発電所(千手発電所、小千谷発電所、小千谷第二発電所の3発電所の総称)があり、上流の十日町市(宮中)で取水し、千手発電所で発電した水を水路(トンネル等)で山本山の貯水池まで運び、小千谷発電所、小千谷第二発電所で発電し、再び信濃川に放流しています。
 発電した電気は、首都圏や上越線、新幹線の電車や鉄道施設に送られています。
 


 9時20分頃、山本山大橋西詰を通り、いよいよ急登が始まります。山本山は標高336mで小千谷駅の標高が約70mですので約270mの上りです。
 9時42分頃、小千谷発電所の第一調整池を過ぎた所で水分補給の休憩を取り、市民の家までの急坂を上りました。

7 8 9

 9時55分頃、市民の家に到着、水分補給とトイレ休憩を取りました。市民の家の裏は芝生の公園となっており沢山のテントが張られていました。会員の方が理由を尋ねたところ片貝の花火(9/9・10)を見るためにキャンプを張ったとのことでした。
 また、市民の家の前からは、すすきの穂の先にこれから進む山本山を見ることができました。
 10時05分頃、市民の家を出発、10時10分頃、第二調整池を通過、坂道の途中でクラシックカーと遭遇、見晴らしの良いところで小休止を取りながら上りました。
10 11 12

13 14

 10時45分頃、山本山高原山頂に到着しましたが、ソバ畑は反対側の斜面にあるため素通りし、ソバ畑が見える高台に10時50分頃到着しました。
 ソバの花は一面真っ白に今が満開の状態でした。

15 16 17

 11時05分頃、山本山高原山頂まで戻り、昼食休憩をとりました。展望台下や木蔭で思い思いに休憩しました。山頂ではソバの販売が行なわれており、小千谷ソバを美味しく頂いた会員もいらっしゃいました。

171_4
 展望台からは、360度の展望を楽しむことができました。残念ながら越後三山を望むことはできませんでしが、壮大な信濃川の蛇行を望むことができました。

18_2
 12時10分頃、昼食休憩を終え、山頂を出発しました。下りはルンルンで途中木蔭で水分補給の小休止、市民の家に12時45分頃到着しトイレ休憩を取りました。
 13時10分頃には小千谷発電所の水路の上を通り、13時20分頃には信濃川河岸段丘上に設けられたヒューマンロードの木蔭を進みました。

19 20 21

 河岸段丘上の小公園(深地城跡)で水分補給とトイレ休憩を取り、13時48分頃、小千谷市街地の旭橋を渡り、14時00分頃(計画より50分早く)、小千谷駅に全員無事到着しました。
 14時05分頃、解散となり、予定した列車より1本早い電車に乗ることができました。

22 23

 当日は、気温が29℃まで上がり、風が弱く湿度が高い日でしたが、時折吹く風が心地よく秋を感じさせる、良いウォーキング日和でした。
 山本山のソバ畑が見ごろと新聞で報道されたため、普段あまり交通量の多くない山頂への山道に車が多く、リーダー、サブリーダーの適切な誘導で、曲がりくねった坂道を安全に歩行することができました。
 リーダー、サブリーダー、各班長、サポーターの皆さんお疲れ様でした。

                 (ブログ担当 mu)



 【追伸】
 小千谷駅で解散後、希望者で片貝の花火を見物に行ってきました。
 夕暮れまで時間があるため、宮内で途中下車し、醸造の町 摂田屋地区を見学しました。
 写真は機那サフラン酒本舗のこて絵蔵です。他に酒屋、味噌屋、醤油屋等の醸造元を巡り時間調整を行い、宮内駅から信越線に乗り、越後岩塚に17時53分到着しました。
 夕闇迫る中を、宝徳稲荷神社の脇を約30分かけて上り、見物場所に到着しました。

24_2 25

 待つこと1時間、19時30分から花火が打ち上げられました。
 稲穂の向こうに大輪の花火が打ち上がり、拍手がおこりました。
 カメラのファインダーからはみ出るほどの大きさと腹に響く音に感動しました。

26_2    27

                                          以上

平成29年6/25(日) 田園風景とリバーサイド  20㌔

天候:曇りのち雨    参加人員:68名(男:37名、女:31名)内、ゲスト:5名
L:No1828 高橋 恵  SL:高桑 和夫、No1705山本 博志
 
【行 程】
新潟駅(7:59発)⇒⇒内野駅(8:33着)
内野駅・・・・田潟公民館・・・・新川集落開発センター・・・・西川図書館・・・・西川ふれあい公園・・・・みずき野中央公園
(点呼・体操)              (W C)           (W C)     (昼食・WC)        (体操・解散)
・・・・越後赤塚駅
越後赤塚駅(15:19発)⇒⇒新潟駅(15:55着)
 
春季最後の定例歩行『田園風景とリバーサイド 20㎞』が実施されました。
梅雨入りの中、当日は朝から今でも雨が降りそうな曇り空、気温も最高気温22℃とウオーキングには丁度良い気温ではなかったでしょうか。
内野駅前に設置された作曲家遠藤実先生の歌碑がある場所で集合し、リーダーより、歩行上の注意事項と各自こまめに水分補給するよう、指示があった。また、午前中13㎞歩行する旨の連絡があった。
歌碑から流れる懐かしい高校三年生の曲に合わせて軽い準備体操後、内野駅前を8:45分頃出発した。

Dscf1893 Dscf1894 Dscf1904_2

   出発前の準備体操         出発          リバーサイド歩行開始  

Dscf1906 Dscf1910 Dscf1918

   新川沿いを歩く                         田潟公民館前

Dscf1924 Dscf1928 Dscf1935

第二班先頭出発       西川第一産業センターを越え道路横断 歩行時はさ木を見る

Dscf1943 Dscf1944 Dscf1951

新川集落開発センター前  第三班先頭出発 ここから小雨 

Dscf1962 Dscf1969 Dscf1973

西川図書館前        昼食場所(西川ふれあい公園)

Dscf1977 Dscf1982 Dscf1985

昼食後第五班先頭出発   道幅狭くなり一列歩行開始

Dscf1995 Dscf2002 Dscf2004

   神明宮付近を歩く      広通川添いの農道を歩く

Dscf2007 Dscf2012 Dscf2018

国際情報大学を目指す   みずき野中央公園手前     到着風景

Dscf2021 ゲストの方から感謝の挨拶を頂く

午前中はリバーサイド(新川・西川・広通川沿い)の歩行、天候は雨が降ったりやんだりであった。
午後からは田園風景(農道)の歩行、天候は雨であった残念なことに弥彦山や角田山を新潟平野から望む事はできなかったが、変化に富んで題名にピッタシの歩行ではなかったでしょうか。歩行中曇りと雨であったが気温は(23℃)、湿度(40%)と低く適度な風もあり歩きやすかったのではないでしょうか。
皆さん軽快な歩行で、みずき野中央公園に予定より早い14:20分に到着しました。
歩行中トラブルもなく又、皆さん体調を崩すこともなくゲスト5名の方々も含め全員完歩されました。
雨のため管理体操を中止しゲスト5名の方々から一言感想を述べて頂き、大変楽しく歩行できた旨の言葉を頂きその後解散。

高橋(恵)リーダー、高桑・山本両サブリーダー、各班の班長、サポーターさんご苦労様でした。
7月8月と定例歩行は休みに入りますが、9月に入りますと秋の定例歩行が始まりますので夏季の体調管理をしっかり行い楽しい歩行が出来る様にしましょう。
                                   (プログ担当 H・H)

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 
 
 

続きを読む "平成29年6/25(日) 田園風景とリバーサイド  20㌔" »

平成29年6/17(土) 粟島わっぱ煮ウオーク 19㌔

天候  :  曇りのち快晴  参加人員 63名(男:30名  女:33名)

リーダ  :   H.Hさん    サブリーダー: I .Aさん , S.Kさん 
 
行程    :  新潟駅(7:33)⇒岩船町駅・・(徒歩)・・岩船港~~(高速船)~~粟島港・・
        背中平・・ 釜谷(昼食)・・矢ケ鼻展望台・・粟島港~(フェリー)~岩船港・・
        岩船町駅⇒新潟駅(19:00)   
 新潟歩く会では常に変化に富んだ歩行が計画されていますが、今回の粟島わっぱ煮ウオークは特に盛沢山のコースでした。
高速双胴船による短いながらも船旅・粟島到着時の歓迎・島内だだ一つの信号機・新緑の林間コース・粟島名物のわっぱ煮グルメ・絶景の海浜コースと変化に富んだものでした。

1_2

 2  4_3

 岩船町駅から岩船港へ、高速船の就航時刻まで40分少しの為 急ぎ出発。

早歩きのおかげで出港に間に合い,急ぎ乗船。
天気予報では波は高くないとのことで安心していましたが、若干のローリング・ピッチングに揺られ、船内ではブログ係を忘れ写真も取らず、粟島到着。
大漁旗と大きなウエルカムメッセージに迎えられ集合写真をパチリ。

  10_10    5_2

    7_3

 

   11_2     12

  

   13_2     14_2

  16_2     17_2

  2_231_2     19_2

   ストレッチ体操後、1班より順次出発。 緑に囲われ適度の負荷の勾配を背中平と進めた。

18_4

 

   22_7      23_2

 青い海、岩浜を眺めながら下り始めると、期待の昼食(わっぱ煮)を準備していただいている釜谷地区の民宿が見える。

  24  26_6

  粟島名物のわっぱ煮。 わっぱに焼かれた魚(そい?・カワハギ)・みそ・お湯に、赤く焼いた石を投入し沸騰させネギを散らした、シンプルな漁師料理。

    27_2     29_2

                             28_2

 数軒の民宿の方々の御協力で、63名分を一挙に作っていただきました。 ごちそうさまでした。    

  30  31_2

 昼食後は、今回の一番の上り坂(上り坂500mの看板に励まされ?)一気に登り切る。

  32_2  36_2

 坂を下り海岸通りを歩くと、あわしま牧場の馬が見送ってくれました。

   2_221_4

 無事 時間通り港に到着。 再び集合写真をパチリ!

  38_2    41_2
         40_4    

 大型のフェリーとうねりが小さくなったため、エンジンの振動は感じられるが揺れはほとんど感じることなく快適な帰路の船旅。  デッキでの談笑・カモメとの戯れのうちに、岩船港に到着。

  43  44_2

 岩船町駅まで最後のひと踏ん張り、無事到着できました。

お疲れ様でした。 

事前準備から当日の数々のお世話をして頂いた皆様に感謝と、参加者のご協力 ありがとうございました。      

                                         B担当: 23.N

***********************************************************************   
H29.9.24 ふるさと村ウオーク ブログの後半の①~⑩の写真の橋名称です。
       ①萬代橋                   
       ②八千代橋
       ③昭和大橋
       ④(JR越後線)
       ⑤千歳大橋
       ⑥本川大橋
       ⑦関屋大橋
       ⑧平成大橋
       ⑨新潟大橋
       ⑩ときめき橋
                                            わざわざご確認有難うございました。
***********************************************************************
         

続きを読む "平成29年6/17(土) 粟島わっぱ煮ウオーク 19㌔" »

平成29年6/10(土)~11(日) NBA歴史ウォーク  33/22㌔

 Phm3134_3

にいがた湊まち歴史ウオーク
Phm3134_2

今回で第8回目の大会は日本ウオーキング協会・新潟県ウオーキング協会・新潟日報社・NSTが主催し、多くの企業や協会が協賛・後援し、6/10(土)~11(日)の2日間にわたり盛大に開催された。

今年も「新潟歩く会」は60人がボランテアスタッフとして参加し、赤いビブスを着用して大会をサポートしました。

今大会の参加者は6/10 572名 (33㌔ 170名  20㌔ 205名 10㌔ 187名)
            6/11 549名 (22㌔ 251名  15㌔ 189名  6㌔ 109名)
  2日間合計      1121名

〈 6月10日(土) 1日目 〉

Megumi002_2 Honda001_2 Phm2472Megumi004_2
朝から荒れ模様の市営陸上競技場でしたが、7:40に開会式が行われました。

Megumi006_2 Megumi008_2 Megumi009_2 Susumu005_3
8時のスタート時には雨も止み元気にスタート。北海道から沖縄まで全国の健脚が参加してます。
Hasumi014
Susumu014_2 Susumu009 Megumi011 Megumi012
33㌔アンカーをつとめる阿部さん、逢坂さん。9:00には20㌔コースがスタートしました。

Susumu011 Megumi013 Megumi014 Megumi015
八千代橋を渡り信濃川右岸を下り、柳都大橋をわたって再び新潟島へ、道は長いぞ・・・

Megumi016 Honda004 Susumu013 Honda008
ロングコース組は関屋海浜公園から分水沿いに上流へ。10:00に10㌔コースがスタート、リーダは本田さん。
Honda009 Honda010 Honda011 Minoru003
10キロコースのウオーカーは新潟の景色を愉しみながら歩いてます。日和山のチェックポイント
Honda012 Hasumi001 Hasumi002 Honda015
眼下に日本海を見ながらの道。               10キロコース組はもう到着です。

Minoru001 Megumi018 Megumi019 Megumi020
寺地公園のチェックポイントの先が分岐点です。 20キロ組はこの平成大橋を渡って折り返します。33キロ組は新潟ふるさと村の先の信濃川大橋を目指します。

Megumi021 Susumu016 Susumu018 Hasumi003
20キロ組のゴールだ!!   天寿園付近を通過する33キロコースリーダの上原さん。食・花センターのガラス館を撮る県外ウオーカーが多かった。15:20頃、古町を通過する33キロアンカー

今日の天候は強風の雨模様でしたが、雨具を着たり脱いだり忙しい1日だった。
幸い悪天候等によるトラブルはなかったのは、幸いでした。

 

Susumu020 Susumu021 Susumu022
1日目終了後、16時からNST本社でウエルカムパーテイが開催されました。
全国から参加のウオーカーの自慢スピーチや抽選会などがあり、楽しい時間でした。

〈 6月11日(日) 2日目 〉 昨日とうって変わって朝から快晴です。

Susumu003_3 Minoru008 Susumu029 Susumu030
控え室で準備する「新潟歩く会」スタッフ。  22キロコースリーダとアンカー  

Susumu032 Susumu034 Susumu038 Susumu039
2日目の開会を宣言「日報」社専務。 8:00一斉にスタートです。 新メンバーのTさん、Yさんも22キロコースに参加です。
Minoru007 Minoru004 Minoru005 Minoru006
抜けるような青空の下、コースリーダ沖山さん・高橋さん。 アンカー須田さん・村山さん

Minoru009 Megumi028 Megumi034 Megumi035
やすらぎ堤で応援する親子。 今日は柳都大橋を左岸から右岸へ メデイアシップが映える。

Megumi036 Megumi040 Hasumi010 Hasumi014_2
佐渡汽船       山の下埠頭    女性の後ろはメンバーのKさん・Mさん

Hasumi016 Megumi043 Megumi044 Megumi045
船江町航空公園     みなとトンネル     みなとタワー       新潟市歴史博物館

Fumio001 Fumio0021 Susumu041 Susumu042
15キロコースリーダ高橋さん アンカー 澁谷さん・片山さん      メンバーTさんが通過 

Megumi046 Megumi047 Megumi048
旧小澤家住宅    古町十字路      白山神社

Megumi052 Megumi053 Megumi054 Megumi055
6キロ組団体ゴール   コースリーダ本田さん  メンバーのKさん・Mさんも到着 22キロコースリーダ沖山さん   

Megumi056 Megumi057
サポートメンバーも続々帰着 アンカー村山・須田さん。みなさんご苦労様でした。

一日目は、やや不順な天候の中でしたが、二日目は、一転して朝から爽やかな快晴でした。

今年のにいがた湊まち歴史ウオークも、無事終了しました。
参加者数についてはほぼ昨年と同様でした。
今後は「いかにしてリピーターを増やしていくか?」が課題かなと感じました。
全国各所から参加したウオーカーは、元気いっぱいに「湊まち新潟」の風情を愉しみながら歩行された様です。我々スタッフにも「ありがとう
!!」 や、「ご苦労様!」と声をかけてくださり感謝いたします。
Phm2722
例年通り「新潟歩く会」も、参加者の受付・案内・コース誘導・チェックポイント通過確認 など多岐にわたりこの大会を支援いたしました。
 大きなトラブルや事故もなく無事大会を終了できました。
協力いただいた歩く会会員の皆さんにも厚く感謝いたします。

このブログに掲載した写真は、「新潟歩く会」の役員が、ボランティアサポートの合間に撮ってもらった写真で構成いたしました。各位のご協力に感謝いたします。

平成29年5/28(日) 第24回笹川流れ  30 /17㌔

天候:くもり時々雨   参加人員:63名(男/37名・女/26名)

L1733 金安シウ   SL1658 高桑和夫   SL1705 山本博志
特別リーダー1082 高橋富一郎   特別サポーター1703 小林 進

行程 新潟駅(6:44発)⇒⇒村上駅(7:59着)

    村上駅・・・・・海府ふれあい広場・・・・・越後早川駅・・・・・・・桑川駅
   <点呼・体操>  <休憩>      <後発隊と合流>  <昼食> 

    眼鏡岩・・・・・・板貝・・・・・・今川・・・・・・狐崎・・・・・・越後寒川駅
    <休憩>  <休憩>                <点呼・体操・解散>

    越後寒川駅(16:10発)⇒⇒新発田駅乗換⇒⇒新潟駅(16:48着)
                   ⇒⇒新津駅(18:47着)
 Dsc06817_4 Dsc06818_9 Dsc06825_5  
  朝の爽やかな空気を味わいながらしっかりと準備体操、いよいよ
 第24回笹川流れ記念歩行のスタートです。

Dsc06827 Dsc06828 Dsc06833 Dsc06838
スタート直後はカラッとした大変歩きやすい天候でしたが途中から降雨、天気予報では午後からは晴れるとの事ですが・・・・・

Dsc06844 Dsc06846 Dsc06868_2 Dsc06850_4
最初の休憩、そして2回目の休憩は海府ふれあい広場でとり爽やかな風が気持ち良くいつもより快適なウオーキングとなりました。

 Dsc06870 Dsc06876 Dsc06886
鹽窯神社で休憩をとり越後早川駅で後発隊と合流、天候があやしくなる。

 Dsc06888 Dsc06895 Dsc06908
県北の景勝地、雄大な自然を歩きます。沖合には粟島が一望できます。

 Dsc06904_2 Dsc06910 Dsc06917_2 Dsc06912
白い砂浜と透明度抜群の澄み切った海を見ながら昼食場所の桑川駅に到着しました。

 Dsc06913 Dsc06914 Dsc06923 Dsc06926
海を眺めながらの昼食の時には降らなかった雨が突然降りだしてきました。
しかしながら午後の最初の休憩までたどり着きました。

 Dsc06932_3 Dsc06933 Dsc06934_2 Dsc06935
ゴール地点の越後寒川駅まではあとわずか、定番のソフトクリームは何とも
うますぎる。

 Dsc06937  Dsc06939
整理体操をしっかりやって無事に第24回笹川流れは終了いたしました。
リーダー・サブリーダー・班長・サポーターさん大変にご苦労様でした。

天気予報ではくもりのち晴れのとの事でしたが雨具や傘を出したりしまったりの不安定な天候になりました。
しかし暑い中歩いて体力を奪われるよりも爽やかな風もあり最適な
ウオーキング日和となかったのではないでしょうか!!!!!!

ブログ担当として最後に一言、良い写真を撮ろうと張り切って走り回ってたところ今川駅てまえで突然右足に痙攣をおこしてしまいました。
サポーターさんや皆さんにご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ありませんでしたとても反省しております。
最後まで写真を撮っていただきました沖山さん有難うございました。

            ブログ担当  H/H

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "平成29年5/28(日) 第24回笹川流れ  30 /17㌔" »

平成29年5/21(日) 瀬波温泉砂丘の道  17㌔

 平成29年5月21日(日)  天候:晴れ  参加人員:71名(男:35、女:36、ゲスト:1)

 リーダー 高橋 誉一郎(No1672)  サブリーダー 沖山 和良(No1676)、逢坂 順子(No1774)

 行程  新潟(7:33発)⇒⇒村上(8:58着)
      村上駅・・・瀬波温泉砂丘の道・・・瀬波温泉駐車場・・・すずきケ池遊歩道
      ・・・道玄池遊歩道・・・諸上寺公園展望台(昼食)・・・岩船漁港・・・お幕場公園
      ・・・大池・・・神林総合運動公園(解散)・・・岩船駅
      岩船駅(15:19発)⇒⇒新潟(16:24着)
 歩行距離 約 19km(表題では17kmとなっていますが、実際のキロ数です)

 村上駅前に集合、点呼を行う。2週連続の村上となった。
 当日は、朝から雲一つない快晴で気温の上昇が予想されていた。点呼時にリーダーから「こまめに水分補給の休憩を取るが、各自でも早めに給水を行うよう」指示がなされた。
 軽い準備体操後、9:10頃、村上駅前を出発した。
 駅を出て直ぐに左折し線路沿いから、JR羽越線の地下道をくぐり笹川流れ方面に向かい、瀬波中町付近で左折した。途中、北限の茶所である村上の茶畑の横を通った。茶畑では、すでに一番茶が摘み終わった跡であった。

1 2_2 3

 9:35頃、県道瀬波温泉線から瀬波温泉砂丘のみちに入った。入った所で水分補給の小休止を取る。砂丘への道は始めは緩やかな上りであったが、木立が高く木漏れ日の中の歩行となり、若干の風があり、すがすがしい歩行となった。
 砂丘の中は、意外と広く道も数本が交差しており、時に迷いそうになるほどであった。リーダー達は道に迷うのを避けるために下見時に目印を付けておいたため、迷うことなくスムーズな歩行ができた。

4 5 6

7 10:05頃、途中の東屋で水分補給の小休止を取り、10:25頃、瀬波温泉砂丘のみちを抜け瀬波温泉駐車場に向かった。
 瀬波温泉砂丘のみちは、中部北陸自然遊歩道の中にあり、コースガイドによれば、松林や森林に囲まれた道を自然にふれながら歩くコースで、所々の高台から望む日本海や粟島、村上市街地、遠くに見える朝日連峰などが見どころです。

 10:30頃、瀬波温泉駐車場に到着。観光案内所の脇で水分補給とトイレ休憩をとった。
 10:40頃、瀬波温泉駐車を出発、県道を村上駅側に進み、しばらくするとすずきケ池への入り口にさしかかる。入り口は少し急登であったが、直ぐにすずきケ池周遊の遊歩道となり、穏やかな道となった。ここの遊歩道も中部北陸自然遊歩道となっている。

8 9 10

 すずきケ池周辺の遊歩道も木漏れ日の中を歩く快適な歩行となった。周辺にはフジの花やツツジ等が咲き残っていた。
 11:10頃、すずきケ池の堰堤に到着し、水分補給の小休止。

11 12 1314

 すずきケ池の堰堤には、ギンランの花が見られた。
 ギンランは、山の雑木林の木かげなど比較的乾いた場所に生息する高さ15~20cmの多年草
 会員の話のよれば、ギンランのがあればキンランもあるはずとのことだったが、黄色いキンランを見つけることはできなかった。

 11:15頃、すずきケ池を出発し道玄池に向かう。
 すずきケ池から道玄池に至る道のりは、山越えのアップダウンのある道でとなった。
 アップダウンのきつい道であったが、木漏れ日の中を進み、道端にはつつじやワラビが散見され、楽しんだ方もおられたようであった。
 11:55頃、道玄池を出発し、諸上寺公園展望台への最後の急登にさしかかった。

15 16_2 17

 12:10頃、最後の急登を15分ほどで上り終え、諸上寺公園展望台に到着した。
 公園内の展望台は立ち入り禁止となっており、展望台に上がることはできず、周りの桜の木の樹高が高く日本海の大パノラマは望むことはできなかったが、桜の木の下で思い思いに昼食をとった。

18_2 19_2

 12:55頃、諸上寺公園展望台広場で点呼を行い、下山を開始した。
 13:10頃、麓の諸上寺の山門をくぐり、岩船漁港に向かった。途中、鮭が軒下に吊るしてあるのを見て、さすが鮭の町と感じた。
 13:20頃、岩船漁港直売所に到着。水分補給とトイレ休憩をとり、13:25頃、岩船漁港を出発した。

20 21 22

 13:40頃、お幕場いこいの森の遊歩道に入る。この森は樹齢100年を超えるアカマツの天然林で構成される国有林となっている。
 お幕場いこいの森は280ヘクタール(東京ドーム約60個分)ととても広く、園内には10kmの遊歩道が整備されている。今回は途中の大池のところから、岩船駅方面に抜けた。
 14:05頃、大池に到着。水分補給とトイレ休憩をとる。大池には北に帰らないハクチョウが数羽残っていました。(写真のハクチョウは合成です。)
 14:55頃、計画より10分早く、神林総合運動公園に到着(ゴール)し、整理体操後解散となった。

23 24 25

 当日は、朝から快晴となり、全国で気温上昇の予報が出ていた。夕方のニュースでは群馬県の館林で35.7℃の猛暑日を記録し、全国各地で真夏日を記録していた。
 村上地区の最高気温は27.5℃であったが湿度が低く風も適当に吹いたおかげで、さほど暑さを感じないで歩行できた。
 今回のコースは、大半が砂丘や未舗装の遊歩道で足にやさしいコースであった。帰りの岩船駅では参加者から素晴らしいコースであったとの声も上がっていた。
 気温が上昇する中、参加者の体調に気を配りながらリードしてくれたリーダー・サブリーダー・班長・サポーターの皆さんおつかれさまでした。

            (ブログ担当 mu)